コンパニオンの接待

コンパニオンの接待利用について

主な派遣エリア

主要地域全域

company

コンパニオン
own@kyoto-companion.info
フリーダイヤル ヨイコンパニオン
TEL:0120-41-5820
FAX:075-320-3651
電話受付9時〜22時 年中無休
※数日前にはご予約下さい。
大阪コンパニオン

コンパニオンの写真


●サプライズコンパニオンのすすめ

接待でコンパニオンを使う時は、あらかじめ、接待される側に知らせておいてもよいのですが、気の知れた得意先を接待する場合は、あえて内緒にしておき、驚かせてあげるのも良いと思います。




●コンパニオンは、ずらして入れる

接待時にまずは、料理店で会食しながら、仕事の話しをすると思いますので、コンパニオンは1時間か2時間程度ずらして呼ぶ事をおすすめします。



●お店の利用時間可能も確認しておく

接待する時、コンパニオンの時間をずらして呼ぶとなると、当然お店の滞在時間が長くなります。低料金の居酒屋だと、客の回転重視なので、2時間制等のお店が多いです。あらかじめ、前もって店に確認しておく方が無難です。





●入場のタイミングが大事

仕事の話が済んだタイミングで上手くコンパニオンを入場させたいと思うのが幹事さんの気持ちです。コンパニオンは指定の時間になれば、お店の入り口付近で待機しております。
幹事さんはコンパニオンに直接入場のタイミングを伝えるか、お店の店員に伝言を頼む等して入場させて下さい。




●コンパニオンは私服ノーマルが無難

サプライズで接待先を喜ばす為に、コンパニオンを呼ぶ事はとても斬新で良い接客手段ですが、私服のノーマルコンパニオンを手配する事をおすすめします。
過激なコンパニオンでは、入店できるお店もほとんど無い上に、刺激が強いので場合によっては、サプライズのつもりが、衝撃に変わる恐れもあります。
ただ、女遊びに慣れており、好きなお客さんなら問題ないと思います。





●二次会にサプライズもおすすめ

一次会では、美味しい食事にお酒を楽しみ、事業展開・今後の展望等の交渉事等をしっかり話しておいて、二件目で女の子の居るスナック等の店に行くパターンはありきたりです。
そこで、カラオケボックスに接待コンパニオンを呼んでおいて、得意先を喜ばす方法もあります。カラオケ店の受付フロントにコンパニオンを待たせておき、合流して入店してコンパニオン接待をすると、まるでナンパしてカラオケに行く感覚で、スナックに行くのと全然違う楽しさがあります。


















  

●接待コンパニオンの活用を是非

幹事さんへ
以上、コンパニオンを上手く使って、得意先と息の長いお付き合いを実現して下さいね。

ページトップへ戻る